エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > はたらく・人権・男女共同参画 > 人権 > 人権教育小集団学習事業


ここから本文です。

人権教育小集団学習事業

小人数グループで学習会をしませんか?―人権教育小集団学習といいます―

学習の様子

学習の様子

学習会の目的は・・・

人権問題を正しく認識するために積極的に取り組もうとする市民グループに、尼崎市教育委員会が委託することにより、人権教育を推進するための学習事業を展開していただきます。

学習会の内容は・・・

学習グループはおよそ10人から15人で作ります。
月1回(2時間)程度の学習会を開催し、オピニオンリーダーや社会教育指導員(社会教育課嘱託職員)を中心に、一年間継続した学習活動を行います。
学習内容は人権問題の解決、人権尊重の普及徹底に役立つものとしますが、学習の方法や内容の計画は、グループメンバーで自主的に決めることができます。
委託料として、学習にかかる費用はお支払いします。

オピニオンリーダーとは・・・

小集団学習活動の進行と司会など担当する方を、グループの中で選んで頂きます。その方をオピニオンリーダーと呼んでいます。
オピニオンリーダーを対象とした地区別研修(学習活動の事前研修、情報交換など)が、月1回地区公民館であります。
そのため、オピニオンリーダーには、活動にかかる費用(交通費程度)をお支払いしています。

提出書類は・・・

小集団学習グループは、委託契約時に事業計画書、委託契約終了後に事業実施報告を提出して頂きます。

委託の期間はいつまで・・・

契約締結の日(6月上旬)から翌年3月31日までです。

留意事項があります・・・

学習活動の実施については、特定の政党、宗派にかたよったり、営利的なものにならないようにします。
また、委託料については、適正な使い方をしていただかなければなりません。

小集団学習グループは・・・

わからないことは聞いてみよう!

学校や幼稚園のPTAの文化部・人権部・執行部等の中にもあります。
また、尼崎市民であれば自主的にグループを作り、活動することができます。
興味をお持ちの方は、社会教育課までお問合わせください。

平成29年度 活動している小集団学習グループ

【中央地区】

所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名
難波小学校 なにわ 自主グループ 東ナニワ読書クラブ 竹谷幼稚園 バンブース
竹谷小学校 竹輪部 明城小学校 さくらそう

【小田地区】

所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名
杭瀬小学校 みどり会 下坂部小学校 なみ 長洲幼稚園 ミルキー
自主グループ 浜小学校 蒼い樹

【大庄地区】

所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名
成徳小学校 ひまわり 大庄北中学校 新樹 浜田小学校 はまゆう
大庄中学校 すみれ会 大島幼稚園 ゆるり 大庄幼稚園 マザーズクラブ
大庄小学校 たんぽぽの会 自主グループ はなみずき

【立花地区】

所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名
尼崎北小学校 わくわく研修部 塚口小学校 このゆびとまれ 水堂小自主グループ たんぽぽの会
塚口幼稚園 ジャンプ 塚口中学校 塚口中学校PTA研修部 立花幼稚園 フルーツポンチ
立花東幼稚園 ポテトサラダ 自主グループ わいわい 立花中学校 グループすまいる
立花小学校 トトロの会

【武庫地区】

所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名
武庫東小学校 たんぽぽ学習会 武庫小学校 さくら会 自主グループ 麦の会
常陽中学校 小集団たいよう 武庫北幼稚園 ひまわり 武庫幼稚園 つくし会
武庫南小学校 むすびめ

【園田地区】

所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名 所属校園名 グループ名
園田小学校 あすなろ 園和北小学校 やよい会 園田東中学校 グループ 輪
園和北幼稚園 さくらんぼ会 園田東小学校 かすみ草 園和小学校 マーガレット
園和幼稚園 スマイル 園田南小学校

園田南小学校小集団学習部

上坂部小学校 ぷちとまと
小園小学校 ぐるぐるぐるーぷ 園田幼稚園 うさぎ 自主グループ あんだんて
小園幼稚園 HAPPY HUG HUG

 

一年間の感想(抜粋)


一年間オピニオンリーダーをさせていただき、初めは「人権」を難しく考えていましたが、学習をしていく中で、その考えは消えました。
お兄ちゃんの時にも、何度か学習会に参加したことがあり、自分に役立つことは確実にわかっていたので、学習がとても楽しく毎月一回の学習が待ち遠しくなりました。
学習の時間は自分をもう一度見つめなおす事もでき、相手の気持ちになって話すことができているのかなどを考える機会をもらえた時間でした。
オピニオンリーダーになれて、本当に良かったです。これでおわりじゃなく、これからもぜひ勉強を続けていきたいです。


同じような年齢の子供を持ち、同じような悩みを抱える親同志、共に多くのことを学び、共有する良い機会となりました。
学習会の内容については、年8回新聞を発行し、小学校の全家庭に配布し、人権学習の活動を知ってもらうように努めました。  


全部参加できなかったですが、できる限り興味のあったものは参加できました。
特に高齢者疑似体験が印象に残りました。
普段あまり意識しない分野だったので、もっとこのような体験をして、視野をひろげることができればいいなと感じました。


戦争中の話は、テレビやニュースでは聞けない話でした。特に、食べる物がなく困っていた時に口にしたとうもろこしの味が今でも忘れられないと涙を流しておっしゃっていたのを聞いたのがとても印象に残っています。
他にも、子育てにとても勉強になる話がたくさん聞けました。


「差別を知る」というDVDを見て、純粋な子ども達の反応に胸を打たれると共に、家庭の中でも知らず知らずの間に兄弟を差別しているのじゃないか、と思いました。
その時の子どもの気持ちを思うとぐっときました。子どもたちは親を見て育つので、日頃から小さな差別にも気をつけて、心をこめて話していこうと思います。  

 

情報の発信元

教育委員会事務局 社会教育部 社会教育課

〒661-0024 兵庫県尼崎市三反田町1丁目1番1号 尼崎市教育・障害福祉センター4階

電話番号
06-4950-0405
ファックス
06-4950-5658
Eメール
ama-syakaikyoiku@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る