エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > はたらく・人権・男女共同参画 > 人権 > 国際理解


ここから本文です。

国際理解

 国際化が進むなか、国籍や民族の異なる人々が、お互いの文化的違いを認め合い、友好的な関係を築くことが大切です。

 尼崎市内には平成29(2017)年9月現在、約11,000人の外国人が在住しています。尼崎市の人口が約450,000人ですから、在住外国人がその約2.4パーセントを占めていることになります。  国籍別にみてみますと、韓国・朝鮮が7,276人と最も多く、次いで中国1,573人、ベトナム858人、フィリピン344人、ブラジル154人の順になっています。

 本市では、多くの在日韓国・朝鮮人をはじめとする外国籍の方々が住んでいることや、民族差別の解消を求める市民の声の高まりを契機として、昭和49(1974)年以降、在住外国人に対する行政サービスの提供は、国籍いかんにかかわらず、地域社会を構成する住民であるとの認識に立って諸施策を進めています。

国際化基本方針

 これは、在住外国人を含む16人の委員で構成された尼崎市国際化懇話会(会長=竹本正幸関西大学法学部教授)が平成6年3月に、本市の国際化を進めるに当たり基本となる指針について提言したのを受け、平成6年6月に策定したものです。
 国際化に取り組む視点としては、

  1. 産業に視点を当てた取り組みと広域的な取り組み
  2. アジアに視点を置いた取り組み
  3. 在住外国人に視点を置いた取り組み

をあげています。

  そして、本市を訪問する外国人や在住する外国人が快適な生活ができ、安心して住めるようにするため、

  1. 多彩な交流の促進
  2. 相互理解の推進
  3. 魅力にあふれたまちづくり
  4. 国際化推進体制の整備

を基本にそれぞれについて現状と課題、今後の方向を示しています。


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

市民協働局 ダイバーシティ推進課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階

電話番号
06-6489-6658
ファックス
06-6489-6661
Eメール
ama-jinken@city.amagasaki.hyogo.jp
ama-danjo@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る