エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > はたらく・人権・男女共同参画 > 人権 > 街頭啓発


ここから本文です。

街頭啓発

「第69回人権週間」街頭啓発

趣旨
「世界人権宣言」が国際連合で採択されて69周年に当たる12月10日の「人権デー」を最終日とする12月4日から12月10日までの1週間を「第69回人権週間」と定め、各関係機関及び団体の協力の下に、基本的人権の尊重・擁護を広く国民に呼びかけ、もって人権意識の普及高揚を図ることとされています。
尼崎市においても、街頭における啓発活動を行いました。

日時
平成29年12月8日(金曜日)午後2時~午後3時30分
場所
阪神尼崎駅北側 中央公園
主催
尼崎人権啓発活動地域ネットワーク協議会
(神戸地方法務局尼崎支局、尼崎人権擁護委員協議会、尼崎市)
尼崎市教育委員会、公益社団法人尼崎人権啓発協会

内容

 啓発活動の最初は大島幼稚園児による可愛らしい演技に始まり、主催者あいさつ、主賓の祝辞に続き、
阪神タイガース2年目の投手、青柳晃洋選手(背番号50)への一日人権擁護委員の委嘱式を行いました。
 2年連続4勝をあげた人気の青柳選手はインタビューに元気に答え、サインにも快く応じていただきました。
 その後行われた駅周辺や商店街での啓発活動にも青柳選手の後には多くのファンの行列が続きました。

 

街頭啓発での様子

情報の発信元

市民協働局 ダイバーシティ推進課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階

電話番号
06-6489-6658
ファックス
06-6489-6661
Eメール
ama-jinken@city.amagasaki.hyogo.jp
ama-danjo@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る