エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > はたらく・人権・男女共同参画 > 人権 > 平和の祭典


ここから本文です。

平和の祭典

平和祭典事業講演会

市制100周年念事業 平和の祭典事業講演会 開催のお知らせ

「平和のないところに人権はない」「人権のないところに平和はない」という考えから、
市制100周年を契機に尼崎が平和のまちであり続けるように平和と人権をテーマに、
小説「あん」の著者ドリアン助川さんをお招きし講演会を開催します。

日時   平成28年10月28日(金曜日)午後2時から3時30分まで
場所   尼崎市立中央公民館 3階 大ホール
講師   ドリアン助川さん(小説家)
テーマ  『私たちはなぜ生まれてきたのか?』
                         小説「あん」でハンセン病快復者の人生を描いた意味』
定員   先着200名
申込方法 不要。当日会場にお越し下さい。
参加費    無料 手話通訳があります。

詳しくは下記チラシをご覧ください。 

2016「平和の祭典事業」

100周年記念事業「平和の祭典」
~これからの100年が平和でありますように~

平和への願いを込めて、市内各所で平和に関する催しが開催されます。

夏休み期間中の8月はたくさんの催しがあります。

ぜひ、親子で参加しませんか?

詳しくは下記チラシをご確認ください。

届けよう!平和への願い

折り鶴

一羽の折り鶴に平和への願いを込めて

市内41校の小学校に通う児童が平和への願いを込めて鶴を折りました。

その数、2万羽を超えました。鶴は見事な千羽鶴となって平和への願いを
届け、その輪を広げています。

ぜひご覧ください。

展示期間 8月10日(水曜日)から8月18日(木曜日)午後4時30分まで

千羽鶴は展示が終わったあと、広島の平和記念公園へ献納されます。

人権課「にこにこブログ」でも紹介しています。

届けよう!平和への願い

100周年記念事業「平和の祭典」

届けよう!平和への願い~絵手紙に平和の願いを込めて~

戦争の悲惨さを風化させず、平和の尊さや大切さを願い、
市内の絵手紙グループの皆さんが、平和への願いや、
平穏な日常生活が、どれほど大切か、絵手紙に願いを込めました。

作品は本庁舎1階南館ロビーで展示しています。

ぜひご覧ください。

展示期間 7月25日(月曜日)から7月27日(木曜日)午後4時30分まで
       8月1日(月曜日)から8月3日(水曜日)午後4時30分まで

 

 

絵手紙

絵手紙展示

絵手紙展示

絵手紙展示

 

 

平和への願いがたくさんつまった絵手紙を展示しています

ぜひご覧ください

尼崎市原爆被害者による「語り部」

8月6日(土曜日)・7日(日曜日)旧聖トマス大学・百合学院中学高等学校で行われる
みんなのサマーセミナーで、尼崎市原爆被害者の会が一日先生になります。

戦争の悲惨さや、平和の大切さを、広島、長崎での被爆体験を紙芝居にして語ります。
もう二度とこんな思いをすることがないように。

授業日時  8月6日(土曜日) の4時間目(13時40分から14時30分)

場所 旧聖トマス大学2階の1

被爆体験者の話を聞くことによって、平和の大切さを考えてみませんか

 

 

みんなのサマーセミナー

2015年平和の祭典

平和の祭典

 

終了しました。
戦後70年、この夏平和について考えてみませんか
尼崎から平和の願いを発信しよう

平和についての催しが、市内各所で行われています。
夏休み期間中親子で参加してみませんか?

 

 

市政100周年念事業 平和の祭典事業講演会

「紛争地に平和の種をまく:現場からの声」       平和の祭典講演会の参加者募集!!

昨年、戦後70年を迎え、今年は尼崎市市制100周年という節目の年です。
市制100周年を契機に本市が平和のまちであり続けるよう、願いを込めて開催する講演会です。
日本にいる私たちは、平和について考えたことがありますか?
世界に目を向けて見ると、日本から遠く離れたシリア情勢が混沌とする中、昨年には日本人が
IS(イスラム国)により刺殺され、世界各地でテロ事件が多発し、世界平和が危うくなっています。
今回、世界の紛争地で平和活動の経験豊富な講師を招き、世界でいったい何が起こっているのか、
本当の平和の意味はなに?そのことを平和活動を通じて、具体的に平和の大切さを講和の中で話していただき、
平和の意味を改めて実感する講演会を開催します。

 ぜひご参加ください。

  日時   平成28年2月26日金曜日 午後2時から4時まで
  場所   尼崎市立中央公民館 3階 小ホール
  テーマ  「紛争地に平和の種をまく:現場からの声」
                       尼崎市制100周年を迎え、これからの100年が平和でありますように
  講師   石井 由希子 さん(特定非営利活動法人 日本紛争予防センターJCCP事務局長)
  定員   先着80名
  申込方法  不要。当日会場にお越し下さい。
                        手話通訳があります。
 

 

 

 

「平和の祭典事業」詳しい内容は下記チラシをご覧ください

開催中または間もなく開催される催し

  • 夏季学習展 文化財収蔵庫第7回企画展
     兵隊に行く銃後を守る
    日時 7月18日(土曜日)から8月30日(日曜日)
    場所 文化財収蔵庫 企画展示室

    市民から寄贈された戦時中の暮らしに関する様々な資料を中心に、戦争に行く男性と
    銃後を守る女性という視点から紹介します
  • 戦後70年「平和への道しるべ」パネルの巡回展示
    日時 8月25日(火曜日)から8月30日(日曜日)
    場所 小田公民館

    日時 9月1日(火曜日)から9月6日(日曜日)
    場所 中央公民館

    特攻隊にまつわる遺書などのパネル展示、戦時下の動物園
    (諏訪山動物園、王子動物園)などのパネル展示

 

  • ミニ展示「太平洋戦争の開戦・終戦」
    日時 7月31日(金曜日)から9月23日(水曜日)
    場所 中央図書館 エントランス

    「太平洋戦争の開戦・終戦」をテーマに図書館等にある資料で展示を行います
     
  • 料理を通して知る平和
    日時 8月29日(土曜日)
        10時から正午
    場所 小田公民館 問合せ先 06-6495-3181

    DVD「忘れてはならない夏がある」~原爆を見た日~の上映と「沖縄そば」作り
  • 平和を願うつどい
    日時 9月3日(木曜日)
        14時から
    場所 地域総合センター今北 集会室

    DVD「忘れてはならない夏がある」~原爆を見た日~の上映と
     「尼崎原爆被害者の会」による語り部
  •  戦後70年「平和への道しるべ」講演会
     日時 9月5日(土曜日)
        13時30分から15時30分
    場所 中央公民館 大ホール

            戦争の過ちを二度と繰り返さず、平和な社会を後世につなぐため、
             沖縄戦体験者の中山きくさんにお話していただきます。

           1部 コーラス 「島唄」他1曲
              紙芝居 「おかあさんのうた」
            2部 講演会 講師 中山きくさん(元白梅学徒隊) 
 

  •  「絵本朗読ワークショップ」 
        日時 9月12日(土曜日)
          13時30分から14時30分
      場所 地域総合センター南武庫之荘 集会室
     
                平和の絵本の読み聞かせを通じて、あらためて平和を感じる集い


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

市民協働局 ダイバーシティ推進課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階

電話番号
06-6489-6658
ファックス
06-6489-6661
Eメール
ama-jinken@city.amagasaki.hyogo.jp
ama-danjo@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る