エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > はたらく・人権・男女共同参画 > はたらく・福利厚生 > 災害防止対策の推進


ここから本文です。

災害防止対策の推進

これから冬季を迎え、建設業界においても転倒しやすい環境となることや、日照時間が短くなるとともに視認性の向上を必要とする作業が増えること等から、これらの対応につきましても転倒災害防止対策や交通労働災害防止対策に反映させるなど、建設事業者におかれては、以下の重点事項に取り組んで下さるよう、特段のご留意をお願いいたします。

1 墜落・転落災害防止対策

 ア 足場に係る改正労働安全衛生規則の円滑な施行を軸とした墜落・転落災害防止対策の一層の徹底

 イ ロープ高所作業に係る改正労働安全衛生規則の円滑な施行を軸とした墜落・転落災害防止対策の一層の徹底

 

2 交通労働災害防止対策

 ア 現場への行き帰り時等における事故防止の呼びかけの徹底及び「交通労働災害防止のためのガイドライン」に基づく安全対策の推進

 イ 現場における交通誘導警備員の労働災害を防止するため、視認性の高い安全チョッキ等の着用、交通誘導員の安全な場所への配置、交通誘導表示板等の適切な設置

 

関連情報

情報の発信元

経済環境局 経済部 しごと支援課

〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2丁目183番 出屋敷リベル3階

電話番号
06-6430-7635
ファックス
06-6430-7638
Eメール
ama-shigotoshienka@city.amagasaki.hyogo.jp

 

このページの先頭へ

トップページへ戻る