エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > はたらく・人権・男女共同参画 > はたらく・福利厚生 > 高年齢者雇用安定法の改正について


ここから本文です。

高年齢者雇用安定法の改正について

平成25年4月1日から改正高年齢者雇用安定法が施行されています

 急速な高齢化の進行に対応し、高年齢者が少なくとも年金受給開始年齢までは意欲と能力に応じて働き続けられる環境の整備を目的として、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部が改正され、平成25年4月1日から施行されています。
 今回の改正は、定年に達した人を引き続き雇用する「継続雇用制度」の対象者を労使協定で限定できる仕組みの廃止などを内容としています。


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

経済環境局 経済部 しごと支援課

〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2丁目183番 出屋敷リベル3階

電話番号
06-6430-7635
ファックス
06-6430-7638
Eメール
ama-shigotoshienka@city.amagasaki.hyogo.jp

 

このページの先頭へ

トップページへ戻る