エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > ごみ・リサイクル > ごみの減量・リサイクルへの取り組み > 食品ロスの削減について


ここから本文です。

食品ロスの削減について

食品ロスって?

 食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことを言います。
 日本では食品ロスが年間で約621万トンも発生(平成26年度推計値)しており、国民1人当たりに換算すると毎日、お茶碗一杯分の食べ物を捨てていることになります。
 これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成26年度は年間約320万トン)の2倍近く捨てていることになります。
 一人ひとりが「もったいない」の意識を持ち、食品ロスを減らしましょう。

今日からやろう!食品ロスの削減

 環境だけでなく家計にもやさしい食品ロス削減の取組をぜひ実践しましょう。

買い物をするときは

食材は必要な分だけ買いましょう

  • 買い物に出かける前に冷蔵庫の中身をチェックし、必要な食材だけを買いましょう。
  • ばら売りや量売りを利用しながら必要な分だけ購入しましょう。

食品の期限表示を正しく理解しましょう

名称 意味
賞味期限  おいしく食べることのできる期限です。
 この期限を過ぎてもすぐに食べられないということはありません。
 長期保存ができる食品(スナック菓子、即席めん、冷凍食品等)に記載されています。
消費期限  食べても安全な期限です。期限を過ぎたら食べないほうがよいとされています。
 品質の劣化が早い食品(弁当、サンドイッチ等)に記載されています。

料理をするときは

食べ切れる量のご飯を作りましょう

  • 家族の予定を把握し、必要な分だけご飯を作りましょう。
  • 食べ切れなかったご飯は捨てずに冷凍保存して食べ切りましょう。

食材を無駄なく使い切りましょう

  • 野菜や果物を切ったり皮をむいたりするときは、できるだけ捨てる部分が少なくなるような工夫をしてみましょう。
  • 野菜などの傷みやすい食材は早めに使い切りましょう。

野菜の皮を捨てずにもう一品作るイラスト

外食をするときは

食べ残しを減らしましょう

  • 飲食店等から出る生ごみのうち、約6割がお客さんの食べ残しです。食べ切れる分だけ注文しましょう。
  • 食べ切れないと思うときは、注文時に小盛やハーフサイズなどがないか確認しましょう。

宴会時は3010(さんまるいちまる)運動を実践しましょう

  • 宴会の開始後30分間と終了前10分間は、自分の席で料理をおいしくいただく3010運動を実践しましょう。

関連情報

情報の発信元

経済環境局 環境部 資源循環課

〒660-0842 兵庫県尼崎市大高洲町8番地

電話番号
06-6409-1341
ファックス
06-6409-1277
Eメール
ama-gomigen@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る