エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > ごみ・リサイクル > ごみの減量・リサイクルへの取り組み > マイバッグ運動


ここから本文です。

マイバッグ運動

 尼崎市では、ごみ減量のためのシステム整備の一環として、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を基本としたごみ減量・リサイクルを推進しています。

 3Rの中でも、ごみの発生抑制にあたるリデュースを優先して進めていく必要があります。

 マイバッグ(買い物袋)を持参して、レジ袋を削減することは、ごみを減らす第一歩です。

 尼崎市をはじめとする阪神地域7市1町(尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町)では、毎月5日を「ノーレジ袋デー」として、マイバッグ持参運動の推進、レジ袋の削減に取り組んでいます。


レジ袋は、どのくらい使われているの?

 現在、日本国内では年間300億枚ものレジ袋を消費しています。これを人口で割ると、国民1人あたり年間約300枚を使っている計算になります。

  尼崎市の人口(46万人)を想定すると…

全市での年間使用枚数

約1億4,000万枚 

年間排出重量

約1,000トン(注:レジ袋1枚あたりの重さを約7.6グラムとして算出) 

 尼崎市民が1枚のレジ袋を削減するだけで、1.5リットルペットボトル約5,600本分の石油が守られます。(注:レジ袋1枚を生産するのに必要な石油量を18.3ミリリットルとして算出)

   限りある資源を大切にするためにも、誰もができる身近な実践活動、マイバッグ運動にご協力お願いします。

レジ袋削減キャンペーンを実施しました

 尼崎市内のレジ袋削減等に係る環境協定締結事業者の店舗店頭において、平成27年度レジ袋削減キャンペーンを実施しました。

 また、マイバッグ持参に関するアンケートにお答えいただいた市民の方々に、エコバッグをプレゼントしました。

アンケートにご協力いただきありがとうございました。今後とも、レジ袋削減にご協力をお願い致します。

キャンペーンの様子

キャンペーン様子

キャンペーン様子

お買い物には、マイバックを持ってエコ

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

経済環境局 環境部 資源循環課

〒660-0842 兵庫県尼崎市大高洲町8番地

電話番号
06-6409-1341
ファックス
06-6409-1277
Eメール
ama-gomigen@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る