エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 尼崎市立田能資料館 > 尼崎市立田能資料館(たのしりょうかん) > 古代のくらし体験学習会「古代米を育てて食べよう」(5月から11月)(募集は終了しました)


ここから本文です。

古代のくらし体験学習会「古代米を育てて食べよう」(5月から11月)(募集は終了しました)

古代のくらし体験学習会「古代米を育てて食べよう」(募集は終了しました)

田能遺跡と田んぼ

日本人の食をささえてきた<米>づくりとその学習を行います。

合計6回の学習会で、田んぼをつくることからはじめ、貫頭衣での田植え、石庖丁づくり、石庖丁での収穫、土器(復元)で炊いて試食など、弥生時代からつづけられてきた米づくりのすべてを、古代に近い方法で体験することができます。

田能の自然の中で、四季を肌で感じながら、古代米を育ててみませんか。

お1人でも、ご家族でも参加できますので、ぜひお申し込みください。

体験学習会のようす

内容のご案内

 日程

第1回 「田おこし・田づくりと直播き」5月15日(日曜日)午前10時30分から午後2時30分まで
弥生時代や現代の米づくりの学習を行った後、鍬で田んぼを耕し、田植え用の田んぼの準備をします。また、籾を選別し、第2回に田植えする稲の苗代づくりを行います。そのあと、直播き用の田んぼで、直播き(田んぼに籾のまま直接まく方法)を行います。(この学習会では、直播きと田植えの両方の方法で稲を育てることで、違いも観察します。)

第2回 「田づくりと田植え」6月12日(日曜日)午後1時から午後3時30分まで
田植え用の田んぼに入り、第1回で準備した苗を田植えします。

第3回 「分けつと石庖丁づくり1」7月10日(日曜日)午前10時30分から午後0時30分まで
稲の特徴的な育ち方である分(ぶん)けつを観察します。また、弥生時代の収穫道具であった石庖丁をつくります。

第4回 「稲の花と石庖丁づくり2」8月21日(日曜日)午前10時30分から午後0時30分まで
稲の花が咲いている様子を観察します。また、石庖丁を完成させます。

第5回 「石庖丁での収穫」10月16日(日曜日)午前10時30分から午後0時30分まで
実った稲を、第3・4回でつくった石庖丁で収穫します。

第6回 「脱穀・精米と土器での炊飯」11月6日(日曜日)午前10時30分から午後3時30分まで
収穫した稲を、臼や杵などをつかって昔ながらの方法で脱穀・精米します。また、土器(復元)をつかって炊飯し、食べます。

(注)天候・生育状況などに合わせて変更する場合があります。

場所

 尼崎市立田能資料館 展示・学習室および史跡公園内芝生広場

対象

 どなたでも(6回とも参加できる方。小学生以下は保護者同伴。)

定員

 10組(お1人でもご家族でも参加いただけます。)

参加費

 無料

持ち物

 筆記用具、軍手、タオル、弁当と飲み物(第1・6回目のみ)、観察日記(第2回目以降)

(注意1)汚れても良い服装でお越しください。帽子もあればよいかと思います。
(注意2)第1回目は、鍬で耕す作業を行います。運動靴と長ズボンでお越しください。途中、田んぼの泥の中にはだしでひざぐらいまで入りますので、裾のめくりやすいゆったりとした長ズボンでお願いします。また、泥の中に入った後は足を洗いますので、ビーチサンダル等を持参いただけると便利です(ビーチサンダルは、お持ちでなければ結構です)。
(注意3)近くに昼食を購入する場所はありませんので、ご注意ください。なお、一番近いコンビニは徒歩約15分(車で7分)です。飲料水の自動販売機は、館内にあります。

申込方法(募集は終了しました)

尼崎市コールセンター(電話06-6375-5639)に電話でお申し込みください。
コールセンター受付時間
平日 午前8時30分から午後7時まで
土曜日・日曜日・祝日 午前9時から午後5時まで

必要事項

 氏名、年齢(学校に通われている方は学校名と学年も)、住所、電話番号
 (保護者同伴の場合は、保護者氏名も)

募集期間(募集は終了しました)

 平成28年5月6日(金曜日)から5月12日(木曜日)まで
 先着順になります。ただし、キャンセル待ちも受け付けます。

石庖丁と古代米

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

尼崎市立田能資料館(たのしりょうかん)

〒661-0951 兵庫県尼崎市田能6丁目5番1号 尼崎市立田能資料館

電話番号
06-6492-1777
ファックス
06-6492-1777
Eメール
ama-tanosiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp

 

このページの先頭へ

トップページへ戻る