エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 尼崎市立田能資料館 > 尼崎市立田能資料館(たのしりょうかん) > 古代のくらし体験学習会「弥生土器をつくろう」


ここから本文です。

古代のくらし体験学習会「弥生土器をつくろう」

古代のくらし体験学習会「弥生土器をつくろう」(定員に達しました。たくさんのご応募ありがとうございました。)

粘土で土器づくり

 田能遺跡では、弥生時代(約2000年前)の土器がたくさん見つかりました。田能のムラでくらしていた人びとが、作ったり使ったりしていたと考えられるものです。
 みなさんも弥生土器を粘土でつくってみませんか。(定員に達しました。たくさんのご応募ありがとうございました。)

1回目

粘土をこねたり丸めたりのばしたりして、土器の形をつくります。

2回目

約1か月間乾燥させたあと、2回目に野焼きという弥生時代と同じ方法で土器を焼いて固めます。
 

1回目の学習会のようす

2回目の学習会のようす

内容のご案内

日程

1回目/平成30年1月21日(日曜日)午後1時30分から午後4時まで(雨天決行)
2回目/平成30年2月18日(日曜日)午前11時から午後3時まで(雨天延期)
(2回目が雨天の場合は2月24日(土曜日)に延期)

主催

尼崎市教育委員会・田能遺跡サポーター倶楽部

場所

1回目/尼崎市立田能資料館 展示学習室
2回目/尼崎市立田能資料館 裏庭
(2回目は屋外での学習会になります)

対象

小学校3年生から成人(ただし、2回とも参加できる人)
(小学生は保護者同伴)

定員

20人(先着順)

参加費

200円(保険代含む)

持ち物

1・2回とも/筆記用具
2回目のみ/軍手、昼食、飲み物、土器持ち帰り用の袋や新聞紙など

(注)2回目は雨天延期になります。延期の判断は当日午前9時に決定しますので、参加者は午前9時に田能資料館に電話(06-6492-1777)で問い合わせください。

服装

2回とも汚れてもよい服装でおこしください。
また、2回目は、屋外での学習会になります。防寒対策をしてお越しください。
 

申し込み方法

田能資料館に、電話でお申し込みください

電話番号06-6492-1777(月曜日休館)

受付期間

平成29年12月6日(水曜日)から平成30年1月18日(木曜日)まで

必要事項

1 名前 2 学校に通っている人は学校名・学年 3住所 4 電話番号
をお知らせください。

キャンセルは平成30年1月18日(木)まで受け付けます。
それ以降は参加費200円を支払ってもらいますのでご注意ください。

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

尼崎市立田能資料館(たのしりょうかん)

〒661-0951 兵庫県尼崎市田能6丁目5番1号 尼崎市立田能資料館

電話番号
06-6492-1777
ファックス
06-6492-1777
Eメール
ama-tanosiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp

 

このページの先頭へ

トップページへ戻る