エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 伝統のお祭り・地域の催し > 直近のお祭り・催し > ひらけ!あまがさき! 「尼ノ國」と「みんなの尼崎大学」オープニングイベント


ここから本文です。

ひらけ!あまがさき! 「尼ノ國」と「みんなの尼崎大学」オープニングイベント

イベント紹介画像

ひらけ!あまがさき!

平成29年3月21日、尼崎市定住・転入促進情報発信サイト「尼ノ國」がオープンしました。サイトでは、尼崎を「尼ノ國」という一つの国に見立て、そこで楽しく暮らす「尼ノ民(あまのたみ)」をご紹介しています。

今回のイベントは、「尼ノ國」の開国を記念するもの。また、「みんなの尼崎大学」事務局が平成29年4月より旧聖トマス大学敷地内にオープンしますので、そのオープニングも兼ねたイベントとなっています。

イベントの詳細

内容

第1部

「尼ノ國」サイトでご紹介している「尼ノ民」をゲストとしてお招きし、様々なお話を伺います。また、「尼ノ國」の記事を執筆しているライター集団「尼ノ物書キ組」もゲストとして登場。ちなみに、今回登場する3名のメンバーは、全員主婦のみなさんです。「尼ノ民」の日常にグイグイ迫っていきましょう。

第2部

「みんなの尼崎大学」についてのご紹介と参加者でのセッションを実施。これからますます広がっていくみんなの尼崎大学事業や、今年度のみんなの尼崎大学オープンキャンパスについて、いろいろと意見を交わしましょう。

第3部

参加者もゲストも全員で交流を。気になるアマのアノ人とぜひお友達になってくださいね。

尼崎を味わい尽くすことができる一日。尼崎にお住まいの方も、尼崎のことが気になっている方も、お子さま連れも、障害のある方もお気軽にご参加くださいませ。みなさまと一緒に素敵な一日をつくることができれば幸いです。

日時・会場など

日時
平成29年4月22日(土曜日)午後1時から5時まで
会場
あまがさき・ひと咲きプラザ(旧聖トマス大学 学生会館2階)
定員
100名
問い合わせ
発信・報道担当
電話番号:06-6489-6021
ファックス:06-6489-1827
その他
視覚障害の方や聴覚障害の方で、誘導や筆談、手話通訳などが必要な方は、事前にお伝えください。

タイムテーブル

尼ノ國に登場している「尼ノ民」が語るトークイベント、みんなの尼崎大学関係者の話題提供とワークショップ、交流会の3部制です。

第1部 MC:牧野篤史氏

午後1時~
オープニング(尼ノ國開国オープニングムービー上映)
午後1時10分~
オープニングトーク「尼ノ國ってなに?」

スピーカー:津田氏・若狭氏
コーディネーター:藤本氏
午後1時20分~
ゲストトーク(1)「開国の志士・尼ノ物書キ組」

MC:長村和美氏
スピーカー:坂本恵利子氏・天野優香氏・仁保麻衣氏
午後1時50分~
ゲストトーク(2)「気づいちゃった!尼ノ民の生き方と生き様」

MC:中平氏
スピーカー:牧野氏・清田氏・桂山氏・江上氏
午後2時30分~
ブレイクタイム

第2部 MC:牧野篤史氏

午後3時~
みんなの尼崎大学開学宣言「みんなの尼崎大学ってなに?」
午後3時30分~
ワークショップ「みんなの尼崎大学とわたし」

第3部

午後4時15分~
交流会
午後5時
閉会

出演者紹介

坂本 恵利子(さかもと えりこ)

こども作文教室「コトバのチカラ」主宰・フリーライター。

尼崎市在住。京都女子大学短期大学部・国語国文学科卒。神戸の貿易会社に勤務。阪神大震災を経験。その後、新聞社でのアルバイト、編集プロダクションを経て、フリーライターに。ライター歴16年。2014年、尼崎ソーシャルビジネスコンペに「作文力向上事業」で応募。ファイナリスト。2015年2月、こども作文教室「コトバのチカラ」を尼崎、伊丹にて開講。2016年4月、さんさんタウン「amare(あまり)」にて、作文教室開講。そのほか、商業施設、図書館、小学校でもワークショップを開催する。

天野 優香(あまの ゆか)

Happy Colors PHOTOGRAPH。

尼崎市在住。1歳の息子を育てながら、フォトクリエイターとして活動中。中学生の頃に写真に興味を持ち始め、気になるものにカメラを向けてフォトライフを楽しむ好奇心旺盛な欲張り屋。晴れの日も、風の日も、雨の日も、雪の日も、一日一撮。空の写真を撮ることを日課とし、写真が生み出すハッピーをお届けしたいなとHappy Colors PHOTOGRAPHでは出産祝いに人気の「Birthday Skyフォト」を制作。「尼ノ物書キ組」では副長としてカメラ講座を担当。

仁保 麻衣(にほ まい)

親子カフェ&レンタルスペースあまぴっと店長

1984年5月生まれ。北海道網走郡旧東藻琴村出身、兵庫県尼崎市在住。三重大学卒業後、愛知県の家具メーカーに勤務。出産を機に退職し、設計・デザイン業を続けながら“子どもと一緒にできる”地域活動をはじめる。現在は親子カフェ&レンタルスペースの運営、自治会活動、子育て情報誌の制作など忙しく活動中。最近のトピックは娘(4歳)が初めてお泊まりしたこと。

関連情報

情報の発信元

秘書室 発信・報道担当

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館4階

電話番号
06-6489-6021
ファックス
06-6489-1827
Eメール
ama-koho@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る