エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 尼崎市立文化財収蔵庫 > 尼崎市立文化財収蔵庫 第15回企画展


ここから本文です。

尼崎市立文化財収蔵庫 第15回企画展

発掘調査で分かったことⅢ

第15回企画展ポスター

 尼崎市教育委員会では、市内の遺跡で発掘調査をおこない、報告書を刊行しています。今回の企画展では、ここ3ヵ年のうちに報告書を出した、善法寺遺跡(善法寺町)、平田遺跡(若王寺)、西浦遺跡(東園田町)を取り上げ、これらの遺跡から出土した弥生時代から平安時代までの出土遺物を展示します。展示資料の中には、尼崎から遠く離れた地域との関連をうかがわせる土器や石製品が数多くあります。こうした出土遺物に着目し、それぞれの時代における人や物の交流について紹介します。

【同時開催 新寄贈資料紹介パネル展】
『尼崎産魚』-尼崎藩領の海の生き物図鑑-
 昨年12月に市民の方から寄贈された『尼崎産魚』には、江戸時代の尼崎藩領内で取れる80種類の魚介類が彩色で描かれています。
 全ページを写真パネルで紹介します。

展示案内

会期及び開館時間

平成29年3月18日(土曜日)から5月7日(日曜日)まで。(注意)入館は午前9時から午後5時まで。
月曜日・3月21日(火曜日)は休館、3月20日(月曜日)は開館。

会場

尼崎市立文化財収蔵庫 企画展示室

交通・アクセス

阪神尼崎駅南側出口より南東へ徒歩約7分。
尼崎市立中央図書館前の道路を大阪方面へ約300メートル(4分)進んでください。

会期中の催し

展示解説

日時

平成29年3月18日(土曜日)・4月15日(土曜日)・5月7日(日曜日)
いずれも午後1時30分から2時30分まで
午後1時から受付開始

水曜歴史講座

テーマ

考古学から見た地域交流

日時

平成29年4月12日(水曜日)・26日(水曜日)
午後2時から4時まで
(注意)両日とも同じ内容です。どちらかご都合の良い日をお選びください。

講師

歴博・文化財担当学芸員
遠藤 啓輔

会場

尼崎市立文化財収蔵庫 講座室

関連情報

情報の発信元

尼崎市教育委員会事務局 社会教育部 歴博・文化財担当

〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2 尼崎市立文化財収蔵庫

電話番号
06-6489-9801
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファックス
06-6489-9801
Eメール
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る