エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 尼崎市立文化財収蔵庫 > 発掘調査現地説明会を開催しました


ここから本文です。

発掘調査現地説明会を開催しました

東富松遺跡B(第20次)発掘調査

発掘現場写真

 平成28年10月1日(土曜日)に東富松遺跡B(第20次調査)の現地説明会を開催し、350人の方々が見学に訪れました。
 尼崎市では平成28年7月28日から富松町3丁目1で遺跡の発掘調査を実施していました。
 今回の調査では、14世紀中頃から15世紀前半の多数の遺構(井戸・土坑・ピット等)とともに、富松城の北辺防御のために設けられたと考えられる東西の堀跡が発見されました。
 土の堆積状況から、14世紀と16世紀前半・16世紀末の3回にわたり掘り返されたとみられます。

 現地説明会資料は下記PDFでご覧いただけます。

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

尼崎市教育委員会事務局 社会教育部 歴博・文化財担当

〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2 尼崎市立文化財収蔵庫

電話番号
06-6489-9801
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファックス
06-6489-9801
Eメール
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る