登録文化財尼崎市役所開明庁舎の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の登録文化財 尼崎の登録文化財

尼崎市役所開明庁舎 あまがさきしやくしょかいめいちょうしゃ(きゅうかいめいじんじょうしょうがっこうこうしゃ) 尼崎市役所開明庁舎(旧開明尋常小学校校舎)

西南方向から1937年(昭和12)竣工当時の写真(西南方向から)
1937年(昭和12)竣工当時の写真
(写真は尼崎市立地域研究史料館蔵)
  • 竣 工 昭和12年
  • 所在地 開明町2-1-1
  • 設計者 尼崎市営繕課
  • 構 造 鉄筋コンクリート造
  • 地上3階(塔屋付)
この建物は室戸台風の災害復興事業として1937年(昭和12)2月に開明尋常小学校校舎として竣工しました。校庭を囲むようにしてL字型に建つ建物は、整然と並ぶ窓の上部に校舎の端から端につながる庇が取り付けられ、水平性が強調された端正な趣を示しています。建物の南端と西端には意匠が異なる玄関が設けられていますが、特に南玄関から上階に上がる階段室は外部に半円形に張り出し、煙突のように天に突き出した柱とも相まって、まるで艦船の艦橋のようなダイナミックなイメージを受け、外観上の最大の特徴になっています。また1階の旧校長室には戦前の奉安庫が現存しています。

庁舎外観(西南から)

玄関と時計台
L字型の建物南端には大きな庇を持つ玄関があり、外壁に半円が張り出した円柱の最上部は時計台になっています。

玄関

玄関
建物南端には戦後の増築が付属していましたがリニューアル工事の際に撤去され、竣工当時の姿に復元されました。

階段室外観

西面
半円形に張り出した階段室は、天に向かって突き出した柱と相まって艦船の艦橋のように見えます。

旧校長室

旧校長室
1階の旧校長室には戦前の奉安庫や家具が現存し、現在はメモリアルコーナーとして使用されています。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801