ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の指定文化財 尼崎の指定文化財

木造日隆上人坐像 ちかまつもんざえもん    はか 近松門左衛門の墓

近松門左衛門の墓
拡大(1680px×2240px 965kb 別窓)
  • 指 定 国指定史跡
  • 種 別 史跡
  • 数 量 1基
  • 所在地 尼崎市久々知1丁目3-27
  • 所有者 広済寺
  • 指定日 昭和41年9月2日
高さ48cm、緑泥石片岩の自然石を墓石としています。墓石表面には近松門左衛門の戒名「阿耨院穆矣日一具足居士」(あのくいんぼくいにちいちぐそくこじ)と妻の戒名「一珠院妙中日事信女」(いちじゅいんみょうちゅうにちじしんにょ)、裏面には「享保九年(1724)十一月二十二日」と没年が刻まれています。
近松門左衛門の墓と称するものはいくつかありますが、国指定史跡になったものは、ここ広済寺と大阪市法妙寺跡の2基の墓だけです。近松門左衛門は音曲の名人竹本義太夫と協力して、江戸時代の初めに始まった人形浄瑠璃を空前の盛況に発展させた脚本家で、「曽根崎心中」「女殺油地獄」「冥途の飛脚」など数多くの名作を残し、 東洋のシェークスピアとも称されています。広済寺再興の開山講には名を連ねたり、母の供養を行うなど広済寺とは深いつながりがうかがえます。毎年、命日(11月22日)の前後の日曜日には広済寺において近松祭が盛大に催され文豪を顕彰しています。

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801