ユニチカ記念館の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

ユニチカ記念館 ゆにちかきねんかん(きゅうあまがさきぼうせきほんしゃじむしょ) ユニチカ記念館(旧尼崎紡績本社事務所)

ユニチカ記念館
ユニチカ記念館
  • 所在地
  • 尼崎市東本町1-50
  • 阪神バス「東本町4丁目」東約400m
  • 阪神「大物」駅 南東約450m
ユニチカ記念館は明治33年(1900)に尼崎で最初の大工場である尼崎紡績会社(現在のユニチカ)の本社事務所として建設された建物で、市内に現存する最も古い洋風建築です。煉瓦造り2階建て、設計は日本人によるものと思われますが、外壁を覆う赤煉瓦はイギリスからの輸入品と伝えられています。現在は、2階を展示室として公開し、創業当初からの貴重な資料が展示されています。
  • 展示資料
  • 創業からの現在までの記録・資料、商標ラベル、新聞広告
  • 利用時間
  • 毎週水曜日
  • 但し臨時に休館することがあります。事前にお電話でお問い合わせください。
  • 午前10時から12時、午後1時から3時
  • 観覧は無料です。
  • 電話 06-6481-0525

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801