広徳寺の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

広徳寺 こうとくじ 広徳寺

広徳寺
広徳寺
  • 所在地
  • 尼崎市寺町8
  • 阪神「尼崎」駅 南西約300m
広徳寺は、明徳元年(1390)京都大徳寺の言外宗忠和尚の開基と伝えられています。中世には大徳寺の塔頭如意庵の末寺で、元和年間(1615-1624)に尼崎城築城にともない大物町から寺町に移転したといわれています。移転後も大物に秀吉から与えられた寺領を有していたという寺伝や、『絵本太閤記』、『絵本豊臣勲功記』などでは中国大返しの際に、秀吉が同寺に逃げ込んで難を逃れたという逸話などがあり、太閤ゆかりの寺として有名です。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801