浄光寺の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

浄光寺 じょうこうじ 浄光寺

浄光寺
  • 所在地
  • 尼崎市常光寺3丁目5-1
  • 阪神バス「常光寺」北約150m
浄光寺は、真言宗善通寺派の寺院で、空海がこの地に立ち寄り天長年中(824-834)に創建したといわれています。『太平記』によると康安2年(1362)に南朝方の楠木正儀と争った摂津守護代箕浦俊定の陣所となったとされており、同寺蔵の「浄光寺縁起図」(市指定文化財)にはこの合戦で焼失する堂舎が描かれています。また、荒木村重が信長に背いた天正7年(1579)にも戦火により焼失して寺院は衰退しますが、本尊は兵火や災害により転々としながらも不思議と同寺に戻ると伝えられています。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801