エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 職員募集 > 嘱託員・臨時的任用職員募集 > こどもの育ち支援センター準備担当嘱託員(臨床心理士)


ここから本文です。

こどもの育ち支援センター準備担当嘱託員(臨床心理士)

募集期間
2月5日(月曜日)から2月15日(木曜日)まで
採用予定人数
臨床心理士1名
職務内容
発達障害、不登校支援事業に関する業務
その他、こどもの育ち支援センター準備担当課長の指示する業務
受験資格
平成30年4月1日現在59歳以下で、臨床心理士の資格があり、発達障害関連の療育経験がある者
かつ、ワード・エクセル等基本的なパソコン操作ができる者
報酬等
月194,000円(別途一時金あり。)
交通費実費(限度額あり。)
勤務地
尼崎市役所本庁舎内
勤務日及び勤務時間
週30時間勤務
雇用期間
平成30年4月1日から平成31年3月31日まで。(平成31年度以降、職が設置される場合、勤務成績により再度任用されることがあります。)
試験内容
1.書類選考
申込書(履歴書)と作文(800字以内)

2.面接試験
平成30年2月17日(土曜日)
1人につき20分程度
試験会場
尼崎市役所本庁舎内
採用決定までの日程
面接から1週間以内に通知します。
内定者は、2月下旬に尼崎市保健所において健康診断を受診していただきます。
応募方法
1.尼崎市役所本庁舎中館9階のこどもの育ち支援センター準備担当へ、次の書類を、直接持参してください。(郵送での受付は行いません。受付時間は平日午前9時から正午、午後1時から午後5時30分です。)
 (1)尼崎市非常勤嘱託員採用試験申込書(所定のもの)
 (2)資格要件があることを証明するもの(写しで可)
 (3)指定の原稿用紙に手書きで記載した作文(800字以内) 
作文テーマ:次の事例に対して、子どもの育ちに係る支援センターの臨床心理士としてどのような支援方法が考えられるか。
「事例:年長クラスの6歳男児。工作の作業が遅く、筆圧も弱い。保護者は多少のやりにくさは感じており、時々怒鳴っている様子があるが、病院等の支援を受けることは拒否的。幼稚園の担任がどのように対応してよいのか悩んでいる。」

2.募集案内及び尼崎市非常勤嘱託員採用試験申込書、指定の原稿用紙は、下記関連情報よりダウンロードしてください。また、こどもの育ち支援センター準備担当(本庁中館9階)でも配布します。

3.提出いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。

4.作文の作成に当たっての留意事項をご確認ください。
お問合せ先
尼崎市 こども青少年本部事務局 こども青少年部
こどもの育ち支援センター準備担当
電話番号:06-6489-6546

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

このページの先頭へ

トップページへ戻る