エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 安心・安全・相談 > 気をつけて > 鳥インフルエンザへの対応について


ここから本文です。

鳥インフルエンザへの対応について

お知らせ

 尼崎市は、平成29年1月6日から、環境省により「野鳥監視重点区域」に指定されていましたが、平成29年3月10日付で指定が解除されました。

(これまでの経過)

 昨年12月以降、西宮市や伊丹市において発見された死亡野鳥から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出される事例が発生し、尼崎市内を含め、回収地点から半径10km以内が「野鳥重点監視区域」に指定され、野鳥の監視を強化していましたが、その後は異常はないため、平成29年3月10日付で指定は解除されました。

 なお、鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では人には感染しないと考えられていますので、市民の皆様には、ひきつづき冷静な対応をお願いします。

 野鳥は餌がとれずに衰弱したり、老齢や外傷、事故など様々な原因で死亡します。野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。

  また、野鳥の接し方については、次のことに注意してください。

1  死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。また、死亡している野鳥を見つけたら下記の連絡先にご連絡ください。

2  日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

3  野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。 特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じてアルコールなどにより消毒を行ってください。

4  不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

 

▼死亡野鳥を発見したときの連絡先▼

  ● 家庭ごみ案内ダイヤル  (電話:06-6374-9999)

              平日午前8時~午後5時 及び 土・日・祝日午前9時~午後5時

  ● 農政課  (電話:06-6489-6542)  平日午前8時45分~午後5時30分

  ● コールセンター (電話:06-6375-5639)

              平日午前8時30分~午後7時 及び 土・日・祝日午前9時~午後5時 

                          上記以外は、電話06-6489-6900まで
 

関連情報

情報の発信元

経済環境局 経済部 農政課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館5階

電話番号
06-6489-6542
ファックス
06-6489-6790

このページの先頭へ

トップページへ戻る