エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 青少年育成 > 青少年の居場所づくり > 青少年の支援スタッフ


ここから本文です。

青少年の支援スタッフ

ユースワーク講演会 受講者募集!!

ユースワーク講演会
『今なぜ、尼崎で青少年支援が必要なのか~京都でのユースワーク実践にまなぶ~』

 現在、本市では、ひと咲きプラザを青少年施策の拠点施設とした青少年(主に中高生)の居場所づくりをすすめているところです。青少年が気軽に立ち寄ることができる「居場所」では、そこに集う青少年に何気なく寄り添って支援をする・・・ユースワークが重要となります。今後、本市で展開する「居場所」においても、ユースワークの視点から青少年支援を行っていきたいと考えています。
 ユースワークっていったい何?と思った方、子どもや青少年、若者の支援に興味がある方、ぜひご参加ください。

  まだまだ席あります!お申込みお待ちしております。

【日時】平成29年10月7日(土曜日) 午前10時から午前12時まで

【場所】尼崎市立青少年センター 南館1階 研修室

【講師】公益財団法人 京都市ユースサービス協会 事業部長 水野 篤夫さん

【申込】氏名、年齢、住所、所属、連絡先を記載の上、メールかFAXにてお申込みください。
             メールアドレス:ama-seisyounen@city.amagasaki.hyogo.jp
             FAX番号:06-6429-3035

【期限】平成29年10月2日(月曜日)までにお申し込みください。

青少年のサポーター(支援スタッフ)を募集!

支援スタッフと居場所に集う子どもたち
支援スタッフと居場所に集う子どもたち

支援スタッフ大募集

青少年センターのロビーに来館する中高生たちをはじめとした子どもたちの遊び相手やお話相手、また気軽に宿題や身近な相談のできる存在となっていただけるボランティアでのサポーターを大募集しています!

何をするの?

子どもたちの来館する時間帯で、可能な時間に青少年センターで子どもたちの相手をしていただきます。

具体的には・・・

 ・集う子どもたちへの声かけ(あいさつ、何のゲームなの? 今はテスト期間?)

 ・学習相談(宿題を持ってきている子、テスト前の子など)

 ・遊び相手、見守り(囲碁、オセロゲーム、工作など)

子どもたちにとって、“子どもたちが欲するときに相談や支援していただける相手が、いつでもそばにいる!”と感じられる安心感が大切です。

どうしたらなれるの?

支援スタッフとして登録していただいた方に活動していただきますので、「支援スタッフ登録票」にご記入後、青少年課へご持参ください。
青少年センターのロビーは、誰もが気軽にきて「居る」ことのできるスペースです。ぜひ一度お越しください。

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

こども青少年本部事務局 こども青少年部 青少年課

〒661-0013 兵庫県尼崎市栗山町2丁目25番1号 尼崎市立青少年センター

電話番号
06-6429-3020
ファックス
06-6429-3035
Eメール
ama-seisyounen@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る