エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 青少年育成 > 青少年の居場所づくり > 青少年の支援スタッフ


ここから本文です。

青少年の支援スタッフ

青少年のサポーター(支援スタッフ)を募集!

支援スタッフと居場所に集う子どもたち
支援スタッフと居場所に集う子どもたち

支援スタッフ大募集

青少年センターのロビーに来館する中高生たちをはじめとした子どもたちの遊び相手やお話相手、また気軽に宿題や身近な相談のできる存在となっていただけるボランティアでのサポーターを大募集しています!

何をするの?

子どもたちの来館する時間帯で、可能な時間に青少年センターで子どもたちの相手をしていただきます。

具体的には・・・

 ・集う子どもたちへの声かけ(あいさつ、何のゲームなの? 今はテスト期間?)

 ・学習相談(宿題を持ってきている子、テスト前の子など)

 ・遊び相手、見守り(囲碁、オセロゲーム、工作など)

子どもたちにとって、“子どもたちが欲するときに相談や支援していただける相手が、いつでもそばにいる!”と感じられる安心感が大切です。

どうしたらなれるの?

支援スタッフとして登録していただいた方に活動していただきますので、「支援スタッフ登録票」にご記入後、青少年課へご持参ください。
青少年センターのロビーは、誰もが気軽にきて「居る」ことのできるスペースです。ぜひ一度お越しください。

【終了しました(平成29年度)】ユースワークフォーラム

ユースワークで、子ども若者支援の輪を広げる!尼崎フォーラム

平成29年の秋、5回にわたりユースワーク講演会・研修会を開催しました。それらの報告会とともに、尼崎市での「ユースワーク」を考えるのため、フォーラムを開催します。
尼崎市の子ども・若者のこれからを、一緒に考えてみませんか。

【日 時】平成30年2月14日(水曜日) 午後1時30分から4時まで
【場 所】ひと咲きプラザ学生会館2階 ホール(尼崎市若王寺2丁目18番1号)
【内 容】講演会と研修会の報告、講演(尼崎市参与・能島裕介)、グループワーク

(青少年課ブログ「きらきらブログ」より)大盛況でした☆「ユースワークフォーラム」(平成30年2月14日)

平成30年2月14日(水曜日)に、「ユースワークで、子ども若者支援の輪を広げる!尼崎フォーラム」が、ひと咲きプラザにて開催されました。

昨年秋の5回にわたる、子ども・若者支援の最前線で活動されている方々の講演・研修をまとめた報告書について、NPO法人スマイルひろばの小倉氏から、ユーモアを交えた熱意あふれるお話がありました。

尼崎市参与の能島氏からは、尼崎市におけるユースワークの重要性についての講演がありました。

社会福祉協議会小田支部の林氏・藤井氏の進行によりグループワークも実施。地域で居場所運営等に携わる方々や市職員が入り混じり、ユースワークの観点を踏まえた子ども・若者支援について、事例を通じて話し合いました。

 

これからも青少年課は、市民のみなさまとともに、子ども・若者支援を考えていきます。

 

フォーラムの様子

【終了しました(平成29年度)】ユースワーク講演会

ユースワーク講演会
『今なぜ、尼崎で青少年支援が必要なのか~京都でのユースワーク実践にまなぶ~』

 現在、本市では、ひと咲きプラザを青少年施策の拠点施設とした青少年(主に中高生)の居場所づくりをすすめているところです。青少年が気軽に立ち寄ることができる「居場所」では、そこに集う青少年に何気なく寄り添って支援をする・・・ユースワークが重要となります。今後、本市で展開する「居場所」においても、ユースワークの視点から青少年支援を行っていきたいと考えています。
 ユースワークっていったい何?と思った方、子どもや青少年、若者の支援に興味がある方、ぜひご参加ください。

【日 時】平成30年10月7日(土曜日) 午前10時から午前12時まで
【場 所】尼崎市立青少年センター 南館1階 研修室
【講 師】公益財団法人 京都市ユースサービス協会 事業部長 水野 篤夫さん

(青少年課ブログ「きらきらブログ」より)ユースワーク講演会を開催しました(平成29年10月7日)

青少年課では、平成29年3月に策定した「尼崎市における子どもの育ち支援・青少年施策の今後の方向性について」にもとづき、青少年の居場所を全市に展開していく中で、子どもから大人への移行期にある若者に寄り添い、社会の一員として自立していくことを支援する活動である「ユースワーク」の考え方が必要であると考えています。

このユースワークという言葉、今は皆さんに馴染みのあることばではありませんが、地域に根付かせて、尼崎の青少年支援を進めていこうと、NPO法人スマイルひろば・社会福祉協議会小田支部・こども政策課と青少年課が協力して、10月7日(土曜日)、ユースワークの先進地である京都から、京都ユースサービス協会の水野篤夫さんをお招きして講演会を開催しました。

当日は、現在青少年への支援を行っている方を中心に50名もの方が、水野さんの話に耳を傾け、若者への支援のあり方、重要性を学んで下さりました。

青少年課は、今後も若者の居場所づくり、支援に積極的に関わってまいります。

講演会の様子

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

こども青少年本部事務局 こども青少年部 青少年課

〒661-0013 兵庫県尼崎市栗山町2丁目25番1号 尼崎市立青少年センター

電話番号
06-6429-3020
ファックス
06-6429-3035
Eメール
ama-seisyounen@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る