エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 尼崎の広報 > 市報あまがさき > あまがさきスクールライフ


ここから本文です。

あまがさきスクールライフ

写真

「あまがさきスクールライフ」は、市報あまがさき平成25年6月号からスタートしたコーナーで、これまで市内の全高等学校・中学校を紹介してきました。平成29年12月号からは小学校編を新しくスタートし、市内の小学校の良さをアピールしています。普段なかなか知る機会のない学校ごとの特色や学校での生徒の様子を紹介しています。

バックナンバーはこちらからご覧ください。

下坂部小学校(市報あまがさき平成30年1月号掲載)

校舎

近松と伝統文化に親しむ「近松デー」 

下坂部小学校は、140年の歴史のある小学校です。本校は明治10年12月、現在の地に小墾田小学校として生まれました。それ以降、学校制度が変更される中、校名もたびたび変わってきました。そして、昭和11年に旧小田村と尼崎市が合併し、現在の名前になりました。校区には多くの卒業生が、幾世代にもわたって住んでおり、地域が学校に高い関心を寄せる土地柄です。校区に「日本のシェークスピア」として海外でも高く評価されている近松門左衛門の菩提寺(広済寺)があり、校歌にも「大近松の名とともに」と歌われています。
そのため、本校では地域とのつながりを一層深め、共に郷土愛を育むことを目的に、郷土学習に力を注いでいます。
その一環として、毎年2月に行われる「近松デー」では、全校生をはじめ、保護者や地域の方々を対象に、「浄瑠璃クラブ」「和文化クラブ」の発表や、「能」などの日本の伝統文化にふれる体験を行っています。また、全校生で、「寿式三番叟」の語りを音読し、学習にも取り入れています。日本音楽独特のリズムや抑揚・言葉の難しさがあるものの、何度も耳にし、練習していくうちに、自然と口ずさむことのできる児童が増えています。
 

写真2

近松デーでの「能」体験

写真3

浄瑠璃クラブ・和文化クラブの発表

写真4

寿式三番叟の音読

データ

校章

下坂部小学校:下坂部1丁目12−1。

電話番号:06-6499-1206

キャラクター

下坂部小キャラクターしもざえもん

関連情報

情報の発信元

秘書室 発信・報道担当

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館4階

電話番号
06-6489-6021
ファックス
06-6489-1827
Eメール
ama-koho@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る